白イカ

特集:白イカ

鳥取の夏の風物詩

夏を迎えた賀露港からは、旬を迎えた白イカ漁の漁船が多く出港します。白イカ漁といえば漁火(いさりび)です。光に集まる習性を利用しての漁となるため、漁船は皆集魚灯の明かりで明々と光り輝きます。夜の海を彩る白イカ漁の漁火は、鳥取砂丘からも眺めることができる、鳥取の夏の風物詩です。

賀露の白イカは一味違う!

賀露の白イカの魅力は透き通った身に凝縮した強い甘みにあります!とても新鮮で身が透明に近い状態だとコリコリとした触感が楽しめます。本当の醍醐味は少し寝かせた後にあります。少し(1日程度)冷蔵庫で寝かせて身がうっすら白くなってきたら食べごろです。ねっとりとした触感が舌触りよく、甘みと旨味が増した刺身は絶品です。さらに、ご飯の上にたっぷり身をのせて丼にすると最高ですよ!是非お試しください。

こちらもお勧め「あかいか」

イカは地域によっていろんな呼び方がされる様ですが、上述の白イカのことを和歌山県では全く逆の「アカイカ」と呼ぶらしいです。鳥取にも「アカイカ」と呼ばれるイカがあります。それが「あかいか」で全国的にソデイカと呼ばれるイカです。大きな身体が特長で、肉厚で柔らかい身はとても食べやすく、老若男女問わず親しまれるイカです。ここ賀露でもあかいかの水揚げがとても盛んで、白イカと並び人気商品の一つです。