松葉がに

特集:松葉がに

冬の味覚の王様

山陰地方の日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされた雄のズワイガニの事を「松葉がに」と呼んでいます。中でも、鳥取県産で甲羅が11cm以上の松葉がにには、白地に赤でかかれた「とっとり松葉がに」のロゴマークの描かれたタグが付けられ、ブランド松葉がにとして出荷されます。足の身は淡白でとても上品。焼くと香ばしい香りがたちのぼります。お勧めは茹でがに。茹でることで、食感はプリプリに。その味はまさに冬の味覚の王様です。

親ガニ・セコガニ

地元では、雌のズワイガニの事を「親ガニ」と呼んでいます。値段も手頃で、地元では大変親しまれています。親ガニの楽しみは、何と言っても内子と呼ばれる卵巣と、外子と呼ばれる卵にあります。内子の濃厚な風味豊かな味と、外子のプチプチとした触感をお楽しみ頂けます。
漁獲時期は、11月~1月上旬になります。

みずがに(若松葉がに)

地元では、脱皮直後の松葉がにの事を「みずがに」と呼んでいます。親がに同様、値段が手頃なため地元でとても愛されている蟹です。みずがにの特長は身の少なさからくる身離れのよさです。殻も大変柔らかいため、子供からお年寄りまで簡単に食べることができます。あっさりとして上品な味は、身離れがよいことも手伝って一度食べ始めると止まらなくなります。
漁獲時期は、1月中旬~3月中旬になります。