岩ガキ

特集:岩ガキ

特集:岩ガキ

岩ガキ

一般的に牡蠣の旬は冬というイメージがあります。これは「真ガキ」という種類の牡蠣で冬に旬を迎えます。全国的に多く出回っている牡蠣もこの「真ガキ」です。ところが、鳥取の方に「牡蠣の旬は?」と尋ねるとほとんどの方から「夏」という回答が返ってきます。これは鳥取で獲れる牡蠣は「岩ガキ」という種類の牡蠣で、6~8月の夏が旬となるためです。岩ガキは「真ガキ」に比べ全体的に大ぶりで、味も濃厚なのが特徴です。岩ガキの醍醐味は生食にあります。レモンを軽く絞って、少し大ぶりな身をつるんと頂くと口いっぱいに磯の香りが広がり、ミルキーで濃厚な味がお楽しみ頂けます。

牡蠣の王様「夏輝」

鳥取には、ブランド牡蠣が存在します。その名も「夏輝(なつき)」。殻の長さが13cm以上で平型の天然物だけに与えられるその牡蠣は、潜水で一つ一つ手作業で獲るため、大変貴重な逸品です。味は言うまでもなく最高に美味です。とても濃厚でクリーミー。何と言ってもそのサイズ!一般的な真ガキと比べてはるかに大きいその身は食べ応え抜群です。夏の山陰でしか食べられない貴重な牡蠣です。見つけたら是非お求めください。